新卒生が美容室求人を見るときには

美容室求人を見て、美容師として働きたいという新卒生は、美容室求人を見るときに気を付けたいことがいくつかあります。
どんなことに気を付けて美容室求人を見るべきなのかを紹介します。

■美容室求人には新卒歓迎の場合と、経験者募集の場合がある
美容室求人はたくさんありますが、そのすべてが新卒生も応募しているとは限りません。美容師は、離職率も高いので、仕事をしていない経験者が多くいるのも特徴の一つです。だから、お店のスタイリストが急に辞めてしまった時など、その穴を埋めるために、即戦力となる経験者を求人で募集している場合も多々あるのです。
新卒生が美容師として働くときは、「新卒性歓迎」という求人を中心に見ていくのがおすすめです。新卒生はすぐに戦力にならないということはお店側もわかっていますから、それでも歓迎してくれるということは、新人教育の環境が整っている証拠でもあります。

■求人情報の給与に注目
美容室求人を見ていると、給与についてざっくりとしか書かれていない場合がありますよね。それがどのレベルの人に対する給与なのかがはっきりわからな場合は、情報を鵜呑みにせずにしっかり確認する必要があります。
というのも、新人がトップスタイリストと同じ給料を貰えるわけもなく、トップスタイリスト、スタイリスト、アシスタント、新卒生の順に給料が低くなっていきます。新卒生では給料がどれくらいもらえるのか、求人情報だけではわからない場合は、問い合わせて確認するといいと思います。
お店によっても給料形態は異なりますが新卒生は仕事の割には低めのお給料しかもらえないということは頭に入れておいた方が良いと思います。

■新卒生は就職というよりも下積みのイメージ
新卒生が美容室求人に応募する場合は、就職するというよりは、下積みをしに行くというイメージで居る方が良いと思います。
給料も安いですし、仕事内容も雑用が中心になります。でもそこを乗り越えなければ次のステップに進めませんから、忍耐強く頑張りましょう。

関連する記事